BLOG ブログ

作業工具の種類と各工具メーカーの特徴

目次

作業工具とは

 

 

作業工具とは、機械や自動車、電機工事などの産業分野で作業をする際に使われる工具の総称で、手で扱う工具が一般的です。

 

しかしながら、ひとくくりに作業工具といっても、その種類やメーカーは色々あります。ここでは作業工具の代表的なアイテムや

 

メーカーを紹介したいと思います。

 

また、主要メーカー別の各種工具の買取価格も紹介します。

 

 

作業工具のタイプ

 

ドライバー

・軸を回転させて、プラスやマイナスなどのネジの締付け&緩め作業を行う作業工具で、非常に馴染みがあるかと思います。

 

・上質なドライバーを使えば回せなかったビスを回すことができます。

 

・一方で、粗悪なものは、ネジの頭がすぐにつぶれてしまうなどの難点があります。

 

・メーカーや製品の違いによるクオリティの優劣を感じやすい工具でもあります。

 

 

 

スパナ&レンチ

 

・レンチとは、ボルトやナットを回す作業工具の総称。

 

・イギリス英語ではスパナと呼びます。

 

・日本では一般的に、先端がコの字型に口が開いたものをスパナと呼び、閉じた形状のものをレンチと呼ぶ傾向があります。

 

・スパナとレンチの両方の機能が一本に備わった「コンビネーションレンチ」というものもあります。

 

 

 

ラチェットハンドル


・レンチの一種で、回転方向が一方向に制限されるラチェット機構をもった作業工具。

 

・逆回転すると空回りし、ボルト類を早く回すことができます。

 

・ラチェットの回転部分に装着するソケットを付け替えることで、さまざまなサイズのボルトに対応可能。

 

・また、ラチェットレンチの作業性は、ギヤの枚数に大きく左右され、ギヤが多いほど少しの振り幅で作業できるので、狭い場所でも作業可能。

 

 

 

スピンナハンドル

・クルマのホイールやタイヤを交換する時に重宝するのがスピンナハンドルやT形レンチ。

 

・大きな特徴は、長さを活かして大きなトルクをかけられる事です。

 

・さらに独特の首振り機構により早回しも可能にする作業工具です。

 

 

 

モンキーレンチ

・ボルトをつかむ開口部サイズをウォームギヤで調節できるレンチの一種。

 

・これ一本で複数サイズのボルト対応できるため非常に便利ですが、大きな力を必要する作業には不向きです。

 

 

 

六角レンチ&トルクスレンチ

・最近ではクルマや自転車の整備でも使用頻度が高くなっているのが六角レンチとトルクスレンチ。

 

・六角レンチは、断面が正六角形の棒状の作業工具で、六角形の穴が開いた六角穴ボルトを回すために使用します。

 

・トルクスとはアメリカのCamcar社が開発したネジの規格で、それを回す専用工具をトルクスレンチと呼びます。

 

・トルクスレンチは六角レンチよりも引っかかりが多い形状でナメにくく、初心者でも扱いやすいのが特徴です。

 

 

 

トルクレンチ

・クルマのホイールナットなど、所定の強さ(トルク)で締付けるための工具。

 

・あらかじめ指定したトルク値になると音や光などで知らせるプレセット型や、ダイヤルのメモリと針でトルク値を示すダイヤル型などがあります。

 

 

 

ペンチ&プライヤー

 

・ペンチは、先端の金属刃同士がかみ合い、銅線や針金を曲げたり切ったりできる工具。

 

・サイズやグリップ、動作状態、切断能力などが選ぶ際のポイントとなります。

 

・プライヤーとは、ハサミ式につかむ道具の総称で、日本では一般的に、開口部のサイズを変化させられるものをプライヤーと呼んでいます。

 

・挟む以外に挟んで回したり、ワイヤーカットなどの機能を備えています。

 

 

 

ニッパー

 

・ニッパーは、先端の金属刃同士がかみ合い、主に配線コードなどの比較的柔らかい銅線を切断するための工具です。

 

・切断用途に特化し、それに合わせて機能や使い勝手に工夫を凝らしたモデルが多いです。

 

 

 

ハンマー&バール

 

・柄の先に打撃部(ヘッド)を持った工具で、加工物などを叩いたり、組み立てたり、補修したりする作業になくてはならないものです。

 

・ヘッドの素材は木材、金属、樹脂、ゴムなど、叩く対象や用途により種類が豊富です。

 

・バールとは、釘抜きを主たる用途としたL字状の工具で、主に釘抜きやボード、内装材のはがし作業に活躍します。

 

 

 

ノコギリ

・木材をはじめ、金属や石などを切断するために用いる工具。

 

・一般的に薄い鉄板の縁に歯形を刻み、2辺に刃を設けたものを両刃ノコギリ、1辺にのみ刃を設けたものを片刃ノコギリと呼びます。

 

・いずれも、メンテナンスが不要な替え刃式が主流。

 

 

 

キリ&ポンチ

・釘を打つ時の下穴を付けるキリ、叩いて印を付けるポンチ、いずれの工具も先端部が重要になります。

 

・強度や精度が作業性を左右しますので、用途に合ったものを選ぶのはもちろん、信頼性の高いブランドを選択するのも大切なポイントです。

 

 

 

カンナ&ヤスリ&ノミ

・カンナは、刃で対象物の表面を薄く削る工具で、使用する材料や目的によって種類が豊富にあります。

 

・ヤスリは、金属製の棒状の表面に細かな凹凸を付けた工具で、カンナ同様使用する材料や目的によって種類が豊富にあります。

 

・ノミは、木や石、金属などに穴や溝を掘るための工具で、種類は大きく分けて2種類あります。

 

・刃先を対象部分に当て、柄の端(かつら)をハンマーで叩き掘り進む「叩きノミ」と、かつらを持たずに腕の力だけで掘り進む「突きノミ」です。

 

 

 

万力&クランプ

・万力は、ヤスリがけ、切断、組み立て、接着剤の硬化時など、様々な状況での固定に使用する工具です。

 

・クランプは、木材加工の際に材料をしっかりと固定して正確な作業ができるようにする固定工具。

 

・いずれも固定方式やサイズなど種類が豊富にある為、作業内容に応じて選ぶのがポイントです。

 

 

 

主要メーカー(日本)

ここでは、日本の主要な作業工具(手工具)のメーカーを紹介したいと思います。

 

主要メーカーといっても、総合工具メーカーから特定の分野で世界トップシェアの専門工具メーカーまで、数多くのメーカーがあります。

 

こうした主要なメーカーの作業工具(手工具)は需要が高く、人気である為、高値での買取が可能になります。

 

 

 

京都機械工具(KTC)(KTCの参考買取価格表

 

・日本を代表する総合工具メーカーで、アイテム数&生産量ともに、国内ナンバー1の実績。

 

・創業は1950年で、主にトヨタ自動車の車載工具の生産からスタートし、その後市販用工具へと進出。

 

・1995年には、世界のプロメカニックに対応した最高級工具「ネプロス」を発売。

 

・世界ラリー選手権などモータースポーツの現場でも愛用されています。

 

 

 

TONE(TONEの参考買取価格表

 

・プロの現場からDIYの世界まで、幅広いシーンで愛用されている大阪の総合工具メーカー。

 

・KTCと方を並べる国内の総合工具メーカーですが、KTCより安価な商品が多い。

 

・トルクレンチなどの自動車整備用の工具に強い。

 

 

 

山下工業研究所(KO-KEN)(KO-KENの参考買取価格表

 

・ソケットツールを主力とする駆動系工具に特化した静岡の工具メーカー。

 

・日本航空整備や在日米軍&自衛隊への納入実績から世界各国の、自動車整備工場などのプロの現場で広く使用されています。
・KO-KEN信者ともいえる熱烈なユーザーが非常に多いのも、このメーカーの特徴。

 

 

 

水戸工機(ミトロイ)(ミトロイの参考買取価格表

 

・その名の通り、茨城県水戸市の工具メーカー。

 

・MITOLOYブランドとして一般作業工具から特注工具まで製造し、日本のみならず、海外でも販売しています。

 

・中でも、ミトロイのスタビL型六角レンチは、狭い場所などのネジ締め時に重宝します。

 

 

 

東日製作所(トーニチ)(トーニチの参考買取価格表

 

・東京のトルク機器専業メーカー。

 

・トルクレンチメーカーの世界のトップブランドで、トルクレンチの一流メーカーといえば東日製作所。

 

 

 

トップ工業(TOP)(TOPの参考買取価格表

 

・新潟県三条市の総合工具メーカー。

 

・創業は1939年で、飛行機の鍛造部品製造から始まり、その後はモンキーレンチ、ペンチ、ニッパーなどの建築現場向けの作業工具をラインナップ。

 

・職種や用途に特化した工具が多いのが特徴。

 

 

 

フジ矢(FUJIYA)(フジ矢の参考買取価格表

 

・大阪の工具メーカーで、プロ向けのペンチ、ニッパーに強いのが特徴。

 

・一丁一丁職人が手作業で作る製品は、電気系の作業者から絶大な信頼を受け、現在のペンチ類のJIS規格の基になるなど、品質の高さは折り紙付き。

 

 

 

ベッセル(VESSEL)(ベッセルの参考買取価格表

 

・大阪の工具メーカーで、日本で初めてドライバーの量産体制を確立。

 

・貫通ドライバーや両頭ビットを発明したり、インパクトドライバーをいち早く発表するなど、その先進性は随一。

 

・主力商品のドライバーは、日本国内シェア約60%を占めます。

 

・現在は各種ドライバーやエアツールに加えて、静電対策品などもラインナップ。

 

 

 

ホーザン(HOZAN)(ホーザンの参考買取価格表

 

・大阪の工具メーカー。

 

・創業時は自転車工具メーカーでしたが、現在は研究開発や生産現場などに使われる道具&工具類を3000アイテム以上ラインナップ。

 

・自転車工具に加えて、ドライバーやレンチなど、いずれもプロ使用を前提にした品質。

 

・より精度の高さを求められる、ピンセットやはんだごて、実体顕微鏡などの精密工具にも強い。

 

 

 

ロブテックス(LOBSTER) (ロブテックスの参考買取価格表

 

・シンボルマークのエビ印が特徴の大阪の総合工具メーカー。

 

・圧着工具を始めてとした各種手動、電動、エアー工具などの幅広い工具をラインナップ。

 

・圧着工具、プライヤーなどの挟み工具に強い。

 

 

 

マーベル(MARVEL)(マーベルの参考買取価格表

 

・大阪の電設工具の総合メーカー。

 

・電線ケーブルの配線工事に用いるための工具を主力とし、圧着工具、ケーブルカッター、通線・入線工具などの製品をラインナップ。

 

・メインブランドの「マーベル」に加え、「プロメイト」や「ジョブマスター」といったブランドもあります。

 

 

 

松阪鉄工所(MCC)(MCCの参考買取価格表

 

・三重県津市の工具メーカー。

 

・日本で初めてパイプレンチやボルトクリッパを商品化。

 

・ケーブルストリッパー、パイプカッターなどの配管関係の工具に強い。

 

 

 

兼古製作所(アネックス)(アネックスの参考買取価格表

 

・新潟県三条市のドライバー専業メーカー。

 

・「アネックス」ブランドとして知られ、ドライバーや先端工具を得意にしています。

 

・プラスドライバーは「切削加工」、マイナスドライバーは「鍛造加工」というように、工具の種類により製造方法を変え、高い品質を実現。

 

・DIY向けのドライバーの印象が強いが、近年では、ハイパワー電動工具用の高機能ドライバービットの開発に注力

 

・現在では「ドライバー」と「ビット」の生産本数がほぼ同じになっています。

 

 

 

スエカゲツール(SEK)(SEKの参考買取価格表

 

・兵庫県三木市の総合工具メーカー。

 

・リーズナブルな各種レンチやスパナに加えて、農機具用に特化した工具も多いのが特徴。

 

 

 

スリーピークス技研(3-peaks)(3-peaksの参考買取価格表

 

・新潟県三条市のペンチ&ニッパーの専業メーカー。

 

・工作機械や産業機械の製作、部品加工を皮切りに、1965年よりペンチの生産を開始。

 

・ニッパーやプライヤーを含めた、つかむ・切る系の作業工具に特化したメーカー。

 

・模型マニアから絶賛される「模型プロ プラスチックニッパー」など、最高の使い心地と切れ味を目指し、職人が一本ずつ製作。

 

 

 

キソパワーツール(PROXXON)(プロクソンの参考買取価格表

 

・ホームセンターなどの工作コーナーに必ずある電動工具といえばプロクソン

 

・プロクソンは、ドイツのプロクソン社とキソパワーツールが共同で開発する小型電動工具のブランド。

 

・プロ用はもちろん、電気ドリル用スタンドをはじめ、ミニルーターや丸のこ盤など、DIYに便利な卓上で使える製品が充実。

 

 

 

角利産業(KAKURI)(KAKURIの参考買取価格表

 

・新潟県三条市の大工道具メーカーで、ノコギリ、カンナ、ノミなどの大工道具を中心に取り扱う。

 

・プロ使用から日曜大工用まで幅広い製品の品揃えに加え、近年はDIY女子に向けた製品の発信にも積極的

 

 

 

オーエッチ工業(OH) (OH工業の参考買取価格表

 

・大阪府に本社をおく、作業工具と物流機器の専業メーカー。

 

・主力製品のハンマーは種類が豊富で、工業用ハンマーではトップシェア。

 

・当初は工業用専門だったが、1980年代からDIY市場に進出。

 

 

 

エンジニア(ENGINEER)(エンジニアの参考買取価格表

 

・大阪の工具メーカー

 

・自社工場を持たず他社に製造委託するファブレス企業で、商品の企画・販売、ブランディングに特化。

 

・電気・電子機器業界のプロ向け作業工具メーカーで、爆発的ヒットとなった、なめてしまったネジを回せる「ネジザウルス」が有名。

 

 

 

旭金属工業(ASAHI) (ASAHIの参考買取価格表

 

・新潟県燕市の工具メーカー。

 

・タフなスパナメーカーとして有名ですが、今ではレンチ類以外にもコンビネーションレンチ、めがねレンチなど、幅広くラインアップ。

 

・高度な熱間鍛造技術による軽さと強度は、評判が高い。

 

 

 

マルト長谷川工作所(KEIBA)(KEIBAの参考買取価格表

 

・新潟県三条市の手動工具専業メーカーで、ペンチやニッパーなどが主力製品。

 

・機能美のこだわりが強いのも特徴で、有名デザイナーとのコラボレーションモデルも多い。

 

・最近では工具作りで培った技術を活かして、ネイルニッパーや美容ハサミなどの分野にも力を入れています。

 

 

 

主要メーカー(世界)

 

世界の作業工具(手工具)には、日本未上陸のものやほとんど知られていないブランドがまだたくさんあります。

 

ここでは、日本でよく耳にする主要な世界の作業工具(手工具)のメーカーを紹介したいと思います。

 

 

 

スナップオン(Snap-on) (Snap-onの参考買取価格表

 

・世界トップクラスのブランド力を持つアメリカの総合工具メーカー。

 

・レンチのソケットとハンドルを分離するというアイデアからソケットレンチを発明。

 

・現在ではハンドツールから、工具箱、パワーツール、診断機器などアイテムは多彩。

 

・中でもソケット関連のアイテムの種類は非常に豊富。

 

・バンで巡回するユニークな販売方法もこの企業の特徴の一つ。

 

 

 

ボンダス(BONDHUS)(BONDHUSの参考買取価格表

 

・世界の六角工具市場で50%以上のシェアを誇る、アメリカの専業工具メーカー。

 

・世界で初めてボール形状の六角レンチ「ボールポイント・ドライバー」を

 

 

 

クニペックス(KNIPEX)(KNIPEXの参考買取価格表

 

・ヨーロッパ最大の握りもの工具専業メーカー。

 

・プライヤー、ニッパーなどの挟む工具を専門とし、さまざまな要求に応えられるよう1000種類以上のアイテムをラインナップ。

 

・切れ味の良さや持続性から、プロの評価も高い。

 

 

 

ハゼット(HAZET)(HAZETの参考買取価格表

 

・ドイツの自動車整備工具市場では、高い信頼性のある総合工具メーカー。

 

・VWやM・ベンツなどのドイツ大手自動車メーカーに特殊工具を供給。

 

・日本では、レンチやヘックスソケットなどが有名。

 

 

 

Wera(ヴェラ)(Weraの参考買取価格表

 

・ドイツを代表するドライバー専業メーカーで、ヨーロッパにおけるドライバー市場のシェアは25%。

 

・現在は主力のドライバー以外にも、レンチやラチェットなどのハンドツールの製品開発にも積極的。

 

・独自の加工を施しネジとの密着性を高めた先端など、機能性に優れているのが特徴。

 

 

 

PBスイスツール(PBスイスツールの参考買取価格表

 

・スイスのドライバー専業メーカー。

 

・ドライバー以外にも六角レンチ、ハンマー、ポンチ、タガネなど1200種類もの工具を製造

 

・輸入ドライバーとしては、日本でトップブランド。

 

//ajaxローディング用