BLOG ブログ

電動工具の種類と各電動工具メーカーの特徴

電動工具とは

 

 

 

電動工具とは、金属やコンクリートを加工する電動機を備えている工具のことをいいます。

 

タイルを切ったり、金属を研磨したり、ネジを締めるという作業は手動工具でもできますが、電動工具の使用により格段に作業効率がアップします。

 

しかしながら、ひとくくりに電動工具といっても、その種類やメーカーは色々あります。

 

ここでは電動工具の代表的なアイテムやメーカーを紹介したいと思います。

 

また、ツールアップでの各種電動工具の買取価格も紹介します。

 

 

電動工具のタイプ

 

インパクトドライバー

・インパクトドライバーは最もポピュラーな電動工具。

 

・回転に衝撃を加えることで、パワフルなネジ締めを可能にします。

 

・主に家具の組み立てやクルマなどを整備する際のネジ回し等に使用します。

 

 

インパクトレンチ

・ナットやボルトを力強く締めたり緩めたりできるのがインパクトレンチ。

 

・回転に強い衝撃を加えることで、タフな作業を可能にしています。

 

 

ドライバードリル

・先端に取り付けた刃物を高速回転させて、ネジを締める、穴を開ける作業が簡単に素早く行えるのがドライバードリル。

 

・木工、金属、コンクリート等の対象物に合わせて刃を交換します。

 

 

レシプロソー

・細長いブレード(ノコ刃)の反復運動によって木材や金属をカットする電動ノコギリ。

 

・ブレードを交換したり、刃のストローク回数を調節したりすることで、木材から鉄鋼までさまざまな材料を切断できます。

 

・セーバーソーとも呼ばれます。

 

 

丸ノコ

・外径の大きなノコ刃を回転させて、厚い板や太い角材を素早く直線的に切断します。

 

・卓上に固定するタイプと手持ちで使うハンディタイプがあります。

 

 

ジグソー

・細長いノコ刃を上下運動させ、板に切込みを入れる切断工具。

 

・刃は木工・金属・樹脂用等があり、細かいものほど曲線切りが行いやすいのが特徴です。

 

・面に角度をつける傾斜切断も可能です。

 

 

チェンソー

・小さな刃が多数ついたチェーンを回転させて、材料を切断する工具。

 

・建築作業の粗挽き切断からマキ切り、枝打ちなどの幅広い作業で活躍します。

 

 

サンダー

・木材や金属の平面研磨に使用する工具。

 

・本体に取り付けたサンドペーパー等をモータの力で振動もしくは回転させて、材料を研磨します。

 

・金属のサビ落としや塗装はがしにも利用可能です。

 

 

ディスクグラインダー

・ボディ先端に取り付けたディスク刃を、モーターで回転させて、木材や金属の研磨や切断に使う工具。

 

・コンクリートに使用することもあります。

 

・刃は取替えができ、砥石やノコ刃、ブラシ等の種類が豊富です。1台で幅広い作業に対応できます。

 

 

トリマー

・木材に溝切り加工や面取り加工を施すための工具。

 

・先端もビットを交換することで、溝の深さや幅、面の形状を変えることが可能です。

 

 

ミニルーター

・ボディに対して垂直に回転する小さな先端工具(ビット)を使い、木材や金属、ガラス等の切削、彫刻、研磨に使う工具。

 

・ビットは取り外しができ、砥石や小径ドリル等に交換可能です。

 

・ペンのように持って使うものが多く、高速グラインダーとも呼ばれています。

 

 

電動工具の主要メーカー

世界の電動工具には、日本未上陸のものやほとんど知られていないブランドがまだたくさんありますが、ここでは、主要なメーカーを紹介します。

 

やはり、主要なメーカーの電動工具は需要が高く、人気である為、高値での買取が可能になります。

 

 

 

マキタ【マキタ(Makita)電動工具の参考買取価格表】

 

・1915年にモーターの修理販売から始まり、1958年に電動工具専門メーカーへ転身。

 

・プロ御用達の電動工具メーカーとして、日本ではシェア約60%を占め、世界においても第3位のシェアを誇ります。

 

・国内から海外まで広くアフターサービス体制の充実に注力しています。

 

 

 

リョービ【リョービ(RYOBI)電動工具の参考買取価格表】

 

・釣り具メーカーのイメージが強いですが、DIY用からプロ用まで幅広いアイテムを取り扱っている電動工具メーカーで、国内シェア3位。

 

・軽量・コンパクトをコンセプトに機能性と使いやすさにこだわっている一方で、高機能且つ耐久性の優れていることからプロの信頼が高い。

 

・商品ごとにプロ用、DIY用、エントリー用と色分けするなど、電動工具への取っ付きやすさを打ち出しているのもリョービの魅力。

 

 

 

ボッシュ【ボッシュ(Bosch)電動工具の参考買取価格表】

 

・自動車整備機器の印象が強いかもしれませんが、電動工具メーカーとしての歴史も古く、世界の電動工具市場でも高いシェア誇ります。

 

・電動工具のイノベーターというべき企業で、電動バリカンを筆頭に、ハンマードリル、ジグソーといった「世界初」の製品を次々と開発。

 

・今では当たり前のリチウムイオンバッテリーを使った電動ドライバーも、ボッシュが初めて製品化。

 

 

 

HiKOKI【日立工機】【HiKOKI(日立工機)電動工具の参考買取価格表】

 

・DIYや園芸向けから産業・工業用まで幅広い電動工具をラインアップ。

 

・主力のコードレス工具に加え、エアー工具、エンジン工具など幅広く開発し、電動工具メーカーとして揺るぎない地位を確立(国内シェア2位)。

 

・主力のコードレス製品に搭載される充電池は互換性があり、同電圧全機種に対応するので、複数機種の所有に有利。

 

・2017年に外資系ファンドKKR傘下に売却され、日立グループから離脱。

 

・社名を工機ホールディングスに変更したことで、製品ブランドも「HiKOKI」となり日立工機ブランドは消滅。

 

 

 

パナソニック【パナソニック(Panasonic)電動工具の参考買取価格表】

 

・日本が誇る大手家電メーカー。

 

・生活家電のイメージが強いが、プロ向けの電動工具も数多くラインアップしており、そのタフさから現場での信頼性が高い

 

・DIY用のラインナップもあり、DIY入門者に人気があります。

 

 

 

ブラック・アンド・デッカー【BLACK+DECKERの電動工具の参考買取価格表】

 

・日本でもファンの多い世界ナンバーワンの電動工具メーカー。

 

・世界初のピストル型電動ドリルを発売後、DIYに適したポータブルな工具を次々と開発。

 

・ひと目でブラック・アンド・デッカーと分かるブラック×オレンジのカラーが特徴的。

//ajaxローディング用