BLOG ブログ

電線買取って実際どうなの?知らずに廃棄するのはもったいない理由とは

電線

 

何気なく街中の空を見上げるとどこにでもある電線。

 

この電線が、一般家庭だけではなくビルや工場、店舗などで電気を供給する役目を果たしています。

 

しかも、この電線が高く買取ってもらえる、ということをご存知でしたでしょうか。

 

そこで、電線を廃棄するともったいない理由と、高く買取ってもらうためには何をするべきなのかを、考えていきましょう。

 

 

電線が高く買取れる理由は意外に簡単

電線と言えば、見た目でも解るように、とても細く長いものをイメージさせられます。

 

電線は、どこまで続いているのか解らないほど、永遠と続いているというのは、よくよく考えるととても幻想的です。

 

また、電線が高価である理由のひとつとして、たまにニュースで取り上げられる、盗難事件がそう。

 

とくに工事現場や資材置き場などで、大量に電線が盗まれるケースが後を絶ちません。

 

たかが電線と思っていたが、予想以上に高く売れるからこそ、このような事件が起きてしまうわけです。

 

 

電線を高く買取ってくれる種類とは

電線とひとことで言っても、様々な種類があることをご存知でしょうか。

 

そのため、電線のなかでも高く買取ってくれる可能性のある種類が存在しているのも事実です。

 

また、元々は電力や電気信号を送信するためのものでしたが、時代の流れに乗り、光ファイバーのようなものも、普及してきました。

 

 

電力用電線

電力用電線とは、一般的に電気エネルギーを送る役割を持っている電線のことを表します。

 

変電所と言われる所から、普通に使えるような電圧に下げた後、一般家庭やビル、工場、オフィスなどへ、電気を送ることができます。

 

 

通信用電線

通信用電線は、光信号とメタル通信ケーブルの二通りがあり、電気信号を伝えるために存在しています。

 

この通信用電線には、画像や音声、映像などを送信することができます。

 

メタル通信ケーブルで最も分りやすいものとして、電話用ケーブルがあります。

 

名前の通り、電話用として一般家庭に取り入れられています。

 

しかし、現在ではやはり時代の波もあって光ケーブルへ移行しているという事実があります。

 

 

巻線

電気機器の内部がコイル状になっているものを、巻き線と言います。

 

巻線にも二通りあり、電気エネルギーに変換するものと、機械エネルギーへ変換するものがあります。

 

また巻線は、航空機や船舶、自動車、人工衛星など、あらゆるところで利用されています。

 

 

電線がなぜ高く売れるのか

数あるなかでも、なぜ電線が高く買取りしてくれるのか。

 

それは、工業製品になくてはならない銅が利用されているからです。

 

銅は、通電性にとても優れているという特徴があります。

 

それ以外にも金が注目されていますが、銅以上に生産コストがかかってしまうため、進んで利用されることはありません。

 

つまり、ローコストで大量に使うのであれば銅は大きなメリットといえるでしょう。

 

また、電線の材料として銅が使われているため、高く買取ってもらえるということです。

 

 

電線を少しでも高く買取ってもらうためには

電線を高く買取ってもらうために、やっておかなければならないことがあります。

 

まず、大前提として廃棄処分をしてはいけない、ということです。

 

当たり前ですが、廃棄処分をした瞬間に電線の価値がゼロになってしまいます。

 

ですから、まずは電線を買取ってくれるお店を探すべきではないでしょうか。

 

やはり、銅は非常に価値が高いため、買取ってくれるお店は沢山あるのが事実。

 

1円でも高く売るためには、いくつかのお店に聞いて回るのがベストといえるでしょう。

 

また、バラなどの単体で売るのではなく、ある程度まとまった量で買い取ってもらうことがおすすめの方法です。

 

やはり、貴金属よりかは高価とはいかないため、まとまった数以外では、買取を断られてしまうケースもあります。

 

 

ピカ線だと高価買取の可能性も

ピカ線とは、雑電線から被膜をなくした銅線のことを言い、またの名を、特一号銅線とも言われています。

 

ピカ線の特徴としては、断面が1.3ミリ以上ある銅線のことを指し、貴重なものだといえます。

 

しかし、エナメルやメッキ加工を施していたり、当たり前ですが劣化や腐食していた場合は、買取り金額が低くなってしまうため、注意が必要です。

 

 

銅の価格は変動する

銅は、金やプラチナと同じ様に、日々価格が変動しています。

 

もちろん、マーケットの熱が冷え切っているときに売却してしまっては、損をしてしまうだけです。

 

そこで、ロンドンの金属取引所で公開されている、取引価格を参考にしておくと尚良いでしょう。

 

 

まとめ

電線は、普段どこでも見かける当たり前に存在しているものです。

 

しかし、電線には銅が大量に含まれていることから、高価買取に繋がることも。

 

もし、電線をお持ちで不要だったり処分したいと思ったのであれば、迷わずに買取してみてはいかがでしょうか。

 

予想以上に高く買取ってもらえることでしょう。

 

 

買取強化商品

現在ツールアップでは、富士電線、弥栄電線、昭和電線、協和電線、愛知電線等の電線メーカーの電線の買取を強化しております。

 

下記参考買取価格表より、該当する電線の買取価格を是非確認してみて下さい。

 

納得のお値段で買取させて頂きます。

 

参考買取価格表 → https://kaitori-toolup.com/rate/

 

万一参考買取価格表に掲載がない場合は、WEB査定 or LINE査定よりご連絡頂ければ、

 

丁寧に査定の上、買取価格を提示させて頂きます。

//ajaxローディング用