1. 買取店vsヤフオクvsフリマアプリ比較!!電材が一番高く売れるのは?

    Posted on:

    電材はかさばるものが多く、置き場所に困ることもあるでしょう。処分費用も安くはありません。そんな時に利用したいのが電材買取です。ここ最近では電材を専門に取り扱う買取業者が増えており、利用している人も多いのではないでしょうか […]

  2. 電線・ケーブルの買取業者おススメ10選!

    Posted on:

    電線・ケーブルは買取専門店へ査定に出すのがおすすめ! 使用予定のない電材や工具などの買取といえば、街中にあるリサイクルショップを思い浮かべる方が多いと思いますが、これらの一般的なリサイクルショップでは、市況価格よりも低い […]

  3. 電材の買取業者のおすすめ6選!お得に売る方法も解説

    Posted on:

    不要な電材は、専門の買取業者へ依頼して処分するのがおすすめです。 とはいえ買取業者をどう選んだらいいか、わからない場合も多いですよね。 ・電材の処分でおすすめの買取業者を教えて欲しい ・少しでも電材を高く売る方法が知りた […]

  4. ペアコイルの買取!~買取相場と高く売る際の注意点をご紹介~

    Posted on:

    不用品の処分には、例えそれが未使用であってもお金がかかってしまいます。 どんなに綺麗に丁寧に扱ったとしても「え、こんなにお金がかかるの?」と、落胆したことがある方も多いのではないでしょうか。 今回取り上げるペアコイルも同 […]

  5. 電線・ケーブルの買取傾向と高価買取のコツ!

    Posted on:

    電線・ケーブルは一般家庭をはじめ、工場、会社オフィスなどの屋内電気配線、送電線、通信ケーブルなど、さまざまな場所で使われており、私たちの生活に欠かすことのできない電材の一つです。 「仕様変更により、電線・ケーブルが余って […]

  6. 電材の高価買取のコツ!

    Posted on:

    電材は、電気工事に必要不可欠な電材ですが、 「大量に仕入れて余ってしまった」 「倉庫の場所をとるのでなんとかしたい」 「処分したいけれど、お金をとられるのは嫌だ」 といった悩みはありませんか? まだ使えるものを処分してし […]

  7. 作業工具の種類と各工具メーカーの特徴

    Posted on:

    作業工具とは     作業工具とは、機械や自動車、電機工事などの産業分野で作業をする際に使われる工具の総称で、手で扱う工具が一般的です。   しかしながら、ひとくくりに作業工具といっても、そ […]

  8. 電動工具の種類と各電動工具メーカーの特徴

    Posted on:

    電動工具とは       電動工具とは、金属やコンクリートを加工する電動機を備えている工具のことをいいます。   タイルを切ったり、金属を研磨したり、ネジを締めるという作業は手動工 […]

  9. 電動工具って高く売れる?~電動工具を高く買取してもらう3つのポイント

    Posted on:

      DIYを本格的に取り組む人が増えました。   そのためプロが使用する工具を一般の人が購入し、自宅で活用しているということも珍しくないのです。   しかしホームセンターなどで本格的な工具を […]

  10. 宅配査定は忙しい人の味方|希望を叶えるツールアップ

    Posted on:

    売りに出すことができて、なおかつ時間も手間も掛からない方法を選びたいあなたのために、我々【買取専門ツールアップ】がいつでも駆けつけます!   あなたのお手間を極力無くして、時間の有効活用のお手伝いをさせてもらい […]

  11. 【電材買取】その電材を処分する前に、 、 、

    Posted on:

      電気設備資材、いわゆる電材を使っていたが、どこかのタイミングで使用しなくなることは非常に多いのではないでしょうか。   また、電材の買い替えにより、古いものが必要なくなるなんてこともあるかと思いま […]

  12. 工具や電材は専門買取がおすすめ!リサイクルショップのデメリット

    Posted on:

      古い工具や電材を売りたい、と考えたときに最初に思いつくのはリサイクルショップだと思います。   リサイクルショップは買取るものに制限がほとんどないので、基本的に持ち込めば値段をつけてくれますが、 […]

  13. 工具使わなくなった?手軽に買取査定ならツールアップ

    Posted on:

    多くの工具を揃えると、現場で働く方々の士気を上げ効率の良い仕事をするメンタルを育めます。 しかし、さまざまな理由で工具を使わなくなるきっかけが生まれます。   • 事業の思いも寄らぬ衰退 • 過剰に抱えてしまっ […]


TOP